上半身に比べて下半身が太いのがお悩みの方へ

上半身に比べて下半身が太いのがお悩みの方へ

「上半身はもともと細いけど、下半身はずっと太いです。」

「痩せたのは上半身だけで、下半身は変わりませんでした。」

「下半身だけ細くなれば、全体のバランスがキレイになると思います。」

カウンセリングの際に
ボディラインを変えたいご要望の
お客様が教えてくださる
お悩みの一例です。

共通しているのは、下半身太り。

太ももやふくらはぎ、
お尻だけ痩せない、
細くならないということです。

なぜ、下半身だけ痩せないのか?

その理由は、大きく5つあります。

①姿勢
②体の使い方
③筋力低下(運動不足)
④筋肉の使い過ぎ

それぞれ別々の問題というわけではなく、
互いに大きく関係していますが、
分かりやすくなるように
4つに分けて解説したいと思います。

①姿勢不良で下半身太りになる

下半身太りの方はほぼ全員が
姿勢に問題があります。

逆に姿勢の問題さえ改善すれば
下半身が細くなるスイッチが
入るとも考えられます。

姿勢が崩れることで
太ももやふくらはぎの筋肉が
過剰に使いやすい状態になります。

その結果、筋肉太りで
脚が太くなってしまうのです。

つまり、普段の姿勢から
ずっと筋トレしているような状態です…

なので、まずここを変えないと
筋トレもマッサージもあまり意味が
ないということになってしまいます。

下半身太りしやすい方に多い
姿勢タイプと改善方法は
こちらの記事を参考に
してみてください。
↓↓
下半身太りになる2つの姿勢タイプ。あなたはどっちタイプですか?

②体の使い方で下半身が太くなる

下半身が太くなるカラダの使い方は
・立ち方
・歩き方
・階段の上がり方

この3つで決まると思っています。

日常生活でほぼすべてを占める動きですよね。

立ち方

下半身太りの方に多いのは
重心位置のエラーです。

つま先や脚の外側に体重が乗り過ぎていたり、
足指が床についていなかったり…

そうなると
必ずどこかに負担がかかりますよね。

結果脚が太くなってしまいます。

じゃあ、立っているときの
重心に気を付ければOK!と
思われがちですが、
そもそも姿勢を改善したり、
良い姿勢をキープするための筋肉が弱い
正しい重心をキープすることもできませんよね。

一瞬だけ気を付けても
またすぐに戻っては
意味がありません。

立ち方に関しては
こちらの記事で紹介しています。
↓↓
普段の立ち方で脚が太くなっているとしたら

ふくらはぎの外側の張りの原因は普段の立ち方と○○

歩き方

歩き方で気を付けたいのは、

・しっかり膝を伸ばして歩く
・内ももを使って歩く
・歩くときの後ろ足のつま先を外側にむけない
・歩くときに後ろ脚(太もも)を内側にねじる
・歩くときの後ろ足で床を押し過ぎない

などたくさん気を付けるべきことがあります。

歩くときに内ももが毎回しっかり
使えれば歩くだけで
太ももが細くなりますし、

膝を曲げずにしっかり
伸ばしながら歩けると
ふくらはぎや足首のラインが
細く引き締まっていきます。
(足首にくびれができる)

動画でも解説しているので
歩き方を変えたい方はぜひ参考にしてみてください!
↓↓
 

階段の上がり方

普段、あなたは階段を
どこの筋肉を使って上がっていますか?

お尻を使って上がる
感覚があるのが理想です。

お尻を使えている=股関節を使えている
ということになります。

下半身太りでお悩みの方の
中には、お尻ではなく、太ももの前を
一番使ってしまっていないでしょうか?

これは仕方がないことで、
姿勢(骨盤)がお尻を
使わないポジションにあることが原因です。

姿勢の問題を解決できてから
お尻で階段を上がるコツ、
つまり股関節を上手に使えるように
練習をしていくしかありません。

③筋力低下で下半身が太くなる

下半身が太い方は
「筋トレすると余計太くなってしまうんじゃないか?」
そう思われる方、多いんじゃないかと思います。

確かに、筋トレは筋肉を
大きくする目的の場合もあります。

明らかに筋肉量が少ない場合は
筋トレである程度筋肉をつける必要はあります。

ですが、下半身太りタイプの方に必要な
筋トレは、筋肉を大きくすることではなく、
筋肉の長さ(筋長)を本来の長さへ戻す目的でおこないます。

筋肉の長さを戻す?
分かりにくいと思うので、
簡単にお伝えします。

例えば、5㎝の長さが一番筋力が
発揮できる筋肉があるとします。

ですが、普段の姿勢や運動不足の影響で
筋肉の長さが6㎝になってしまうことがあります。

本来の長さよりも1㎝長いということは
筋肉がビヨ~ンとたるんでいるということ。

つまり、筋力が発揮しにくくなります。

それが、関節を安定させる筋肉に起こると
関節がぐらぐら不安定なります。

実は、そういった不安定な関節の周りは
たるみやすくなります。

二の腕やお尻、膝上などが
たるみやすいのも関節の
不安定性が影響しています。

下半身太り方の場合、
特にお尻周りの筋肉が長くなっています。

以下の動画の内容は、
筋長を整えるきっかけになるのでオススメです!

↓↓

最後にこのエクササイズで締めるのがポイント!
↓↓

④筋肉の使い過ぎで下半身が太くなる

例えば、ずっと膝を曲げて立っていたら
どこが痛くなりますか?
きつくなりますか?

太ももの前ですよね。
ふくらはぎもきつくなるかもしれません。

普段の姿勢でも
同じようなことが起きています。

なので、やはり姿勢の改善や
その姿勢をキープするための
重力に負けない最低限の
筋力が必要です。

頑張りすぎている筋肉は
マッサージだけでも
ほぐれてくれます。

ですが、
身体の使い方が変わらなければ
根本の解決にはなりませんよね。

硬いところはマッサージでほぐしながら
筋力低下した部分は鍛えて、
筋長を整えましょう!(筋トレ&姿勢キープ)

最後に

今回は、下半身だけ太くなる問題について
お伝えしましたが、
自分に思い当たる内容は
あったでしょうか?

まとめると、
下半身だけ太い方が
下半身を細くするには、

①姿勢をキレイに!
②下半身が細くなるカラダの使い方へ!
③重力に負けない最低限の筋力を!
④本来使いたい筋肉を使いタイミングで使えるようにする!

この4つのアプローチで
下半身だけ太いお悩みが解決できます!

良かったら、参考にしてみてくださいね!

投稿者プロフィール

みよたあきらトレーナー 1のコピー 1 150x150 - 上半身に比べて下半身が太いのがお悩みの方へ
御代田 享(みよた あきら)美脚美尻ダイエットトレーナー
福島県郡山市出身。
現在、栃木県宇都宮市を中心にトレーナーとして活動中。
ブログでは、主にダイエットやボディメイク、健康づくりについて情報を発信しています。
暦の上で1年の中で最も暑い日に生まれた夏男です。
大好物はスイカと抹茶アイス。

関連記事

  1. あなたは有酸素運動と筋トレ、どっちを優先した方がいい?

    あなたは有酸素運動と筋トレ、どっちを優先した方がいい?

  2. 他のパーソナルトレーニングジムの美脚美尻づくりとの大きな違い

    他のパーソナルトレーニングジムの美尻づくりとの大きな違い

  3. 女性にオススメ!猫背、反り腰を改善するエクササイズ

    女性にオススメ!猫背、反り腰を改善するトレーニング

  4. お悩み別の解決法をまとめてみました!

    お悩み別の解決法をまとめてみました!

  5. seezwsss 270x174 - むくみ解消でオススメの食べ物はこの2つ!

    むくみ解消でオススメの食べ物はこの2つ!

  6. 自分に適切なご飯(お米)の量を知るにはどうすればいい?

    自分に適切なご飯(お米)の量を知るにはどうすればいい?

  7. 菅原直子様(33歳・会社員・宇都宮市)

    下半身太りになる2つの姿勢タイプ。あなたはどっちタイプですか…

  8. 上半身は細いのに下半身が太い人は○○○の使い方を変えましょう!

    上半身は細いのに下半身が太い人は○○○の使い方を変えましょう…

  9. すぐに結果が欲しい!でもすぐ手に入る結果は本物?

    すぐに結果が欲しい!でもすぐ手に入る結果は本物?

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

  1. あんかけかた焼きそば

    2022.10.04

    あんかけかた焼きそばから学んだ結果が出る人の考え方

  2. 体験・コース料金

    2022.10.04

    こんなところまでサポートさせていただければ最高に嬉しい!…

  3. かき氷最高!

    2022.10.01

    パーソナルトレーニングって甘いものって食べちゃダメなんで…

  4. ダイエットが失敗する思考パターン9つ

    2022.09.19

    ダイエットが失敗する思考パターン9つ

  5. コンフォートゾーンからの脱出

    2022.09.19

    最近、心に刺さった羽生さんの名言がありました