パーソナルトレーニング勇気入りますよね

勇気を持ってスタートを切る

「キツイことなんてしたくない。」

「楽して痩せたい!、細くなりたい!」

トレーニングが好きな方でもない限り、
やらなくていいことなら
トレーニングは避けたくないし、
できるだけ楽したいし、
辛いことは避けたい
と思うのは普通のことだと思います。

しかし、カラダのラインを変えていくには
トレーニングが結局、一番の近道だと思っています。

運動が苦手な方や
トレーニング初心者の方に多い印象なのが
「トレーニングはキツイ!」
というイメージが先行していること。

あくまで私の考えですが、
最初からそんなに頑張る必要はないと思います。

しかも、頑張ったら続かないですよね?

例えばですが、
もし、5レベルのトレーニングがきつければ

3とか4レベルに内容を変えて、
今の自分にできることだけやればいいですよね!

それでも難しければ1レベル、0.5レベルから始めればいいんです。

いきなり5レベルを目指す必要はありません。

トレーニングの経験者の方の中には、
「キツくないと意味がない!、効果がない!」
という方もいますが、

自分にできることから始めることができていれば、
多少負荷が弱くても、頻度が少なくても
ゴールに向かってアクションを起こしていることには
変わりはないはずですよね。

確実に自分の理想のカラダに
近づく努力をしていることになると
私は思います。

もちろん、
「キツいのは嫌だから」
と自分に言い訳をし続けて
行動を起こさないのも自由ですし、

できることから
コツコツ始めるのも自由です。

短期間では変化はわかりにくい場合もあるかもしれませんが、
1年後、5年後、10年後、
その選択の差で大きな差がついていることは
簡単に予想できますよね。

あなたは、
「10年前に戻ってやり直したいな~」
「やっておけばよかったな~」
と思うことはありますか?

もちろん、不可能なのはわかっているけど、
そう思ってしまうことたまに私はあります(笑)

もし、このままいくと私は10年後もきっと、
10年前に戻りたいと思ってしまうでしょう。

しかし、発想を転換させて、
「10年後、20年後からタイムスリップして今戻ってきた」
と思って生きると今するべきことに集中し行動が変わるはずです。

『今の行動は未来に確実につながっている!』

一度、自問自答して、
自分の理想のカラダを手に入れるために
今するべきことは何なのかを考えてみるのもいいですね。

 

ダイエットを頑張るモチベーションが上がらないという方へ

人の心は韮(にら)の葉で包める

関連記事

  1. カウンセリング

    「私なんかにできるかな?」と不安な方へ

  2. 子供達がローラー滑り台に乗っている

    結果が出なかった方に共通する「ある間違い」

  3. 潜在意識と顕在意識

    あなたのダイエットを続けやすくする〇〇

  4. パーソナルトレーニングで結果が出る人と出ない人を分けるものってなんだと思いますか?

    結果が出る人と出ない人を分けるもの

  5. 補助輪つきの自転車を漕ぐ男の子

    ヴァレッサでダイエットが続く理由知りたいですか?

  6. 水に入ったグラス

    パーソナルトレーニングを受けるときに知っていて欲しい事

  7. 「自分と向き合うのは怖い」は悪いことなのか?

    自分としっかり向き合う勇気がある人だけ痩せる

  8. 体重が増えて落ち込む女性

    キレイに痩せるための数字の目標の立て方

  9. 絶対に頑張らないで!

    頑張っているからうまくいかないことに早く気づこう!

  10. 結果に手を伸ばす人

    すぐに結果が欲しいけどその結果は本物?

  11. グラスに入った水

    ダイエット失敗思考パターン9つ

  12. 暗闇は歩かないで!

    痩せたいなら暗闇は歩かないで!

  13. コンフォートゾーンからの脱出

    最近、心に刺さった名言

  14. 2023

    明けましておめでとうございます!

  15. ローストビーフをカットする女性

    常識を常に疑う姿勢持ちませんか?

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー