すぐに結果が欲しいけどその結果は本物?

結果に手を伸ばす人

あなたは早く痩せたいですか?

1日も早く理想の体型になりたいですか?

おそらく本音を言えば、
誰でも1日でも早く結果が欲しいと思います。

私だって欲しいよ笑…

ですが、実際はそれが
難しいというのもわかっています。

仮に、短期間で痩せたり体が変わっても
その結果というのは果たして本物でしょうか?

「本物」というのは、
その先もあなたにとって
役に立つものか?

という意味だと私は解釈しています。

私はB’zが好きで20年以上聞いています。

「Easy come easy go」という曲
知っている方いるでしょうか?

直訳すると
「簡単に手にしたものは簡単に離れていく」
という意味で、ことわざでは、
「悪銭身に付かず」というらしいです。

逆を言えば、
試行錯誤して一所懸命頑張ってきた
過程がある人は

本物の結果を手にすることが
できるということだと思います。

結果を重視しすぎると
「過程をどうでもいい」、
という発想になりがちですが、
私はこれはかなり危険な考え、
もったいない考え方だと思っています。

私たちの人生は何十年、いや、
今後は100年時代とも言われていますよね。

その100年の中で
「目的地にたどり着いた時」だけが
人生ではありません。

むしろ、人生というのは
その大半が目的地に
向かって進んでいるもの、
なんだと私は思います。

ということは人生を楽しむという視点で見れば
設定した目標までの過程を楽しめないと
人生の大半を楽しめていないことになるんじゃないか?

そう思っています。

私からの提案です。
どうせだったら
過程も楽しみながら
ダイエットしてみるのは
いかがでしょうか?

楽しみながらというのは、
別に面白おかしく
トレーニングするというわけではなく、
自分の頭でいろいろ考えて
実践して、試行錯誤しながら
丁寧に取り組むという姿勢のことだと思います。

そこで培った考え方や行動したことは
一生あなたの財産になります。

それが本物の結果になるのかなと
思っています。

過程を楽しめる余裕がないと
挫折しやすくなるのがダイエットなのかなと
思うときもあります。

これらは、トレーナーをつける、つけないに関係なく
自分の頭で考えて結果に結びつきそうな
行動を続けていくのが大切だと思っています。

トレーナー(伴走者)をつけるメリットは、
もし、自分の頭で考えられない場合、
考えるヒントになりそうな何か
気づきを
得られるかもしれないですし、

頭ではわかっているけど
行動できないといった場合も、
行動に落とし込むための
ヒント、気づきをトレーナーがいることで
得られるかもしれません。

もちろん、考え方は人それぞれですし、
強制するつもりも全くないのですが、
結果もそれまでの経過も大切にする、

本物の結果を追求する姿勢
あっても損はしないんじゃないかなと思います。

ダイエットを頑張るモチベーションが上がらないという方へ

「トレーニングってキツそうだから…と一歩踏み出せないでいるあなたへ

関連記事

  1. 絶対に頑張らないで!

    頑張っているからうまくいかないことに早く気づこう!

  2. ローストビーフをカットする女性

    常識を常に疑う姿勢持ちませんか?

  3. 思考停止

    Youtubeでは別のやり方でやっていましたが…

  4. 潜在意識と顕在意識

    あなたのダイエットを続けやすくする〇〇

  5. あんかけかた焼きそば

    あんかけかた焼きそばから学んだこと

  6. コップの水

    こんな人はパーソナルトレーニングは不向きかも

  7. 水に入ったグラス

    パーソナルトレーニングを受けるときに知っていて欲しい事

  8. 2023

    明けましておめでとうございます!

  9. グラスに入った水

    ダイエット失敗思考パターン9つ

  10. 「自分と向き合うのは怖い」は悪いことなのか?

    自分としっかり向き合う勇気がある人だけ痩せる

  11. パーソナルトレーニングで結果が出る人と出ない人を分けるものってなんだと思いますか?

    結果が出る人と出ない人を分けるもの

  12. パーソナルトレーニングを受けたお客様の結果

    ダイエットでキレイに痩せないわけ

  13. コンフォートゾーンからの脱出

    最近、心に刺さった名言

  14. カウンセリング

    「私なんかにできるかな?」と不安な方へ

  15. ジムで腕の筋トレをする女性

    全力を定期的に出す習慣のある人

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー