肌のたるみやしわ改善&予防に必要な栄養素トップ2

肌のたるみやしわ改善&予防に必要な栄養素トップ2

※こちらのブログ最後にお知らせと無料レポートプレゼントのご案内があります

特に女性の場合、
肌のたるみやしわが気になる方もいると思います。

若いときは、肌がプルンとして重力に負けない
弾力がありますが、
これはコラーゲンの力です。

コラーゲンのイメージは
プルプル柔らかいイメージがですが、
実は、同じ太さの鉄のワイヤーよりも
強い力があります。

お肌を持ち上げるのなんて
朝飯前ということです。

「なるほど、じゃあコラーゲンを飲めばいいんだ!」

そう思ってしまいがちですが、
実はこれは、ほぼ意味がありません。

コラーゲン入りのスープやドリンク、
その他商品がたくさんありますが、
お肌の張りを出すために
摂取するのはかなり遠回りです。

コラーゲンはそもそも
アミノ酸の集まりです。

イメージはコラーゲンを食べると
そのままコラーゲンが皮膚に届いて
お肌の栄養になるような感じだと思います。

私も昔そう思っていました。

ですが、実際は、
口から入ったコラーゲンは、
お腹の中でアミノ酸(タンパク質の最小単位)
に分解され、吸収されます。

つまり、私たちの身体の仕組みとして、
コラーゲンを摂取しても
そのコラーゲンがお肌のコラーゲンになるわけ
では決してないということです。

じゃあ、どうすればいいのか?

実は、人は自分専用のコラーゲンを
作ることができます。

その材料のトップ2が
タンパク質ビタミンCです!

どんなタンパク質がオススメになるのかについては
こちらの記事を参考にしてみてください。
↓↓
質の良いタンパク質の選び方、間違えていませんか?

ビタミンCについては、
摂取の仕方やどのくらい量を摂取すればいいのかがかなり大切になります。

具体的な摂取方法をお伝えしている記事がこちらです。
↓↓
ビタミンCのオススメな摂り方

この2つの栄養素をしっかり適切な量を
継続して摂取していただくと
お肌にも良い影響が出てきますよ!

ぜひ、次の食事から意識してみてください!

P.S.
今回お肌の張りを出す栄養素について
お伝えしましたが、
お肌の潤いというのでしょうか、
プルンとした感じは
また違う栄養素が必要になります。

そもそも、このプルンとした感じの正体は
プロテオグリカンというものです。

コラーゲンの仲間みたいな感じだと思ってください。

プロテオグリカンの材料トップ2は、
ビタミンAブドウ糖(ご飯やパン、麺、イモなど)です。

つまり、若々しい美肌を作るには、
タンパク質、ブドウ糖、ビタミンC、ビタミンA
を摂取することが最低条件です。

ここでさらに、
保湿が完璧にできると
栄養素の効果を最大にできます!

ちなみにですが、
お肌に塗るビタミンCなどもありますが

肌から吸収される量はかなり少ないようです。

だったら、口から摂取したほうが効率的!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ※こちらのブログを最後まで
 読んでいただいたあなたへ
 2点お知らせがあります。


【当ジムのオンラインサロン&
無料ダイエットレポートのプレゼントのご案内】

original 1 300x239 - 肌のたるみやしわ改善&予防に必要な栄養素トップ2

まず、当ジムのオンラインについてですが、

・ブログではお伝えしきれない内容
・クローズドな環境だから発信できる内容
・良い習慣化づくりのヒントになる内容

をなんと365日毎日発信しています。

また、エクササイズやダイエットについて、
オンラインサロンのメンバー限定で
公開している動画が見放題です。

ご興味がある方は、
下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね!
↓↓
当ジムのオンラインサロンについて

次に、無料レポートのご案内です。

今だけ期間限定で

以下のレポートをプレゼントしています。

当ジムのダイエット法で
筋肉量を落とさずに
たった1ヶ月で−3kg達成された
お客様が実践したことを
ご紹介しているレポートです。

Black and White Minimalist Healthy Diet Program Instagram Story 2 169x300 - 肌のたるみやしわ改善&予防に必要な栄養素トップ2

興味がある方は是非この機会に
受け取ってくださいね!

LINEでプレゼントを受け取りたい方は

友達追加できたら「ダイエットレポート」と一言メッセージ下さい!
↓↓
linetomodati - 肌のたるみやしわ改善&予防に必要な栄養素トップ2

メールで受け取り方はこちらから
↓↓
プレゼントをメールで受け取る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。