【お客様からのご質問】美脚美尻専門だから下半身しかトレーニングしないんですか?

猫背問題を解決するための3ステップ 猫背の原因

タイトルにもあるようにお客様からカウンセリングの際に

「美脚美尻専門だから下半身だけしかトレーニングしないんですか?」

というご質問をよくいただくので、この場で答えを書いておこうと思います。

結論からお伝えすると

ほとんどの方が全身トレーニングしたり姿勢の改善もします!

もちろん、下半身だけ集中してトレーニングする場合もあります。

しかし、美尻になりたいからお尻だけ鍛えていて美尻になれるかと言われたら

なれない人も確実にいるのは間違いありません。

むしろ日本人女性の骨格タイプから判断するとお尻以外を鍛えないとなかなか改善ができません(脚痩せも同じ。)

例えば、美尻と猫背の関係が分かりやすいと思います。

実は猫背のままだと美尻にはなれません…

美尻になるには骨盤の傾きがかなり重要になるのですが、いくら骨盤を整えて、ガンガンお尻トレーニングしても猫背だとヒップアップできないことがあります。

正確にはヒップアップしていないように見えます。

地球上どこにいても重力はありますが、人の姿勢もどうやって重力に対抗するかで決まっています。

実際に試していただくと分かりやすいです。

あえて下の写真ような猫背の姿勢を作ってみて下さい。

nekoze 1 233x300 - 【お客様からのご質問】美脚美尻専門だから下半身しかトレーニングしないんですか?

自然と骨盤が後ろに傾く(お尻が垂れる)方向へ変化すると思います。

まさにこれが、上半身の姿勢に対して骨盤の位置を変えて、何とか重力に対抗してる一例です。

猫背になることで上半身の重心が前に傾くので、何もしなければ前にドテっと倒れてしまいますよね。

そうならないように骨盤を後ろに傾けてバランスをとってるのです。

つまり、全身はつながっているのでお尻や脚の問題はお尻や脚以外にもある場合があります。

そこを改善できない限りは美尻や美脚になるのは難しいと言えます。

当ジムのパーソナルトレーニングの考え方としては、美容整体で骨格の位置を本来の場所へ修正しながら最も効果の出るカラダの状態を作ってからトレーニングをしていきます。

特に下半身のボディラインは鍛えるだけで変わるなら、体型で悩んでいる人はいませんよね。

もちろん、お尻や脚のトレーニングも大切ですが、トレーニングをする前にやるべきことがたくさんあるということを知っておいていただきたいです。

今回の内容、よろしければ参考にしてみて下さい!

美姿勢になるための背骨ストレッチ&呼吸

女性らしいしなやかなカラダ&美姿勢は○○の柔軟性で9割決まる

投稿者プロフィール

みよたあきらトレーナー 1のコピー 1 150x150 - 【お客様からのご質問】美脚美尻専門だから下半身しかトレーニングしないんですか?
御代田 享(みよた あきら)美脚美尻ダイエットトレーナー
福島県郡山市出身。
現在、栃木県宇都宮市を中心にトレーナーとして活動中。
ブログでは、主にダイエットやボディメイク、健康づくりについて情報を発信しています。
暦の上で1年の中で最も暑い日に生まれた夏男です。
大好物はスイカと抹茶アイス。

関連記事

  1. もっとキツイトレーニングすると思っていました!←これ誤解です

    もっとキツイトレーニングすると思っていました!←これ誤解です…

  2. ddwda 1 270x174 - 美脚になるには『美脚になる動き方』をマスターせよ!

    美脚になるには『美脚になる動き方』をマスターせよ!

  3. ダイエットしたけど下半身だけ痩せなかった一番の原因がコレ

    ダイエットしたけど下半身だけ痩せなかった一番の原因がコレ

  4. 運動した後に体がだるいと感じるあなたへ

    運動した後に体がだるいと感じるあなたへ

  5. 骨の位置をキレイに修正すると脚は細くなる!

    骨の位置をキレイに修正すると脚は細くなる!

  6. 反り腰を改善してスタイルアップしたお客様の結果

    反り腰を改善してスタイルアップしたお客様の結果

  7. 早く痩せるダイエットとゆっくり痩せるダイエットの違い

    早く痩せるダイエットとゆっくり痩せるダイエットの違い

  8. 「トレーニングってキツそうだから...」と一歩踏み出せないでいるあなたへ

    「トレーニングってキツそうだから…」と一歩踏み出…

  9. 反り腰や腰痛改善&体脂肪−5%達成されたお客様のご感想

    反り腰や腰痛改善&体脂肪−5%達成されたお客様のご感想

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。