ピラティスやれば痩せると思っていませんか?

パーソナルトレーニングを受ける女性のお客様


ピラティスは元々リハビリ目的で考案された背景があるので、インナーマッスルと呼ばれる関節を安定させる筋肉をメインに鍛えるエクササイズが多いかなと思います。

そこで今回、ピラティスはダイエットに向いているのかどうかをお伝えします。

「痩せるためにインナーマッスルを鍛えています。」

もしかするとこういった方もいるのかなと思いますが、私は半分正解で半分不正解だと思っています。

解釈の違いなのですが、インナーマッスルをいくら鍛えても直接的に代謝に与える影響は少ないと私は考えます。

インナーマッスルのそもそもの役割は、関節を安定させたり体幹を安定させること。

ネジのような存在なので、大きい筋肉ではありません。

筋肉は脂肪を燃やす工場だとすると、大きい工場であればあるほど代謝は高まるはずですよね。

そう考えると、お尻などの下半身の大きなアウターマッスルを鍛えることの方がインナーマッスルばかり鍛えるよりも代謝を高めて痩せやすいカラダになると考えられます。

では、インナーマッスルを痩せるために鍛えるのは意味がないのか?

と言われるとそういうわけででもないと思っています。

例えば、お腹周りのインナーマッスルが強いと体幹をしっかり支えることができるようになり、内臓も一番ポテンシャルが発揮できる位置にいれます。

内臓の位置が良いと肝臓などの代謝も活発になります。

姿勢が悪いと内臓が圧迫されて、内臓に血液もうまく届かない可能性もあるので機能が低下しやすくなります。

そうです、間接的ではありますが、インナーマッスルを鍛えることが代謝を高めることに貢献できているとも考えられます。

まとめると、ダイエット目的の場合は、理想はどちらかだけでなく、インナーもアウターも両方ともしっかり鍛えられると理想だと思います。

当スタジオが、ピラティスだけでなく、ウエイトトレーニングだけではなく、どちらも採用してメニューに入れているのはこういった理由もあります。

あなたはインナーもアウターもバランス良く鍛えることできていますか?

美脚美尻なりたい方向け記事まとめ

関連記事

  1. 運動している女性

    有酸素運動と筋トレどっちを優先?

  2. 掃除機

    メンテナンスしないとどうなる?

  3. 痩せるの諦めて実は安心してませんか?

    痩せるの諦めて実は安心していませんか?

  4. 鏡でお尻のたるみを気にする女性

    お尻のセルライトが消えたお客様がしたことは?

  5. デスクワーカーで腰が重い

    デスクワーカーの方は毎日でもやりたいストレッチ

  6. ジムで膝を気にする女性

    スクワットで膝が痛くなった理由とその改善方法

  7. 筋肉痛でお困り

    筋肉痛が嫌いな人に知っておいてもらいたいこと

  8. 夕日に向かって海上で瞑想をする女性

    女性らしいしなやかなカラダ&美姿勢は○○の柔軟性で9割決まる…

  9. ふくらはぎにお悩みの女性

    ふくらはぎの外側の張りの原因

  10. テント

    ストレッチだけでもダメ、トレーニングだけでもダメな理由

  11. くびれの理想の位置

    デニムをカッコよく履く秘訣4

  12. スクワット

    美脚になるスクワットは前もも使いませんよ!

  13. N.A様とパーソナルトレーナー

    パーソナルは敷居が高いと感じていたけど…

  14. 当パーソナジムに通われるお客様(ママ)の願い「私に体力があったら…」

    ヴァレッサに通われるお客様の願い

  15. お悩み別の解決法

    ヴァレッサのお客様で多いお悩みの解決法をそれぞれまとめてみま…

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー