筋トレしてるから動ける体になるわけではないですよ

ヒップスラスト

 

今回は誤解されがちな話を1つ。

筋トレすれば動ける体になる。

そう思っている人はいませんか?

実はこれ、半分正解、半分不正解。

筋トレのやり方次第で動けるカラダになるか、動いたらケガしやすいカラダになるかが決まるからです。

例えばこのようなトレーニングしている人を見たことありませか?

hip thrust - 筋トレしてるから動ける体になるわけではないですよ

 

ヒップスラストと呼ばれるトレーニングです。

美尻専門と呼ばれるジムには必ずと言っていいほど専用のマシンがあったりします。

当ジムも美脚美尻専門ですが、おもりを使ったヒップスラストをお客様に実施してもらったことはありません。

もちろん、理由があります。

体の仕組みをまず理解しておく必要があります。

お尻の大きな筋肉は屈曲した状態でお尻がストレッチされた状態から伸展するときに一番働きます。

簡単にいうと、お尻の筋肉が伸ばされてから縮ませる筋トレが効果的です。

なので、立った姿勢での方脚、両脚のスクワットなどが効果的です。

一方、ヒップスラストはどうかというと、お尻が伸ばされる瞬間がなく、縮むだけのトレーニング。

どう考えても非効率だと思ってしまいます。

理由はそれだけではありません。

動ける体になるためのトレーニングかどうかという視点でみてもこの動き、ほぼ使えません。

日常生活で画像のような動きしたことありますか?

ほぼないと思います。

トレーニングのためのトレーニングになってしまい、日常生活に活かせない…

つまり、筋トレしているのに、動ける体にならないんです。

さらに、あります。

ごめんなさい。

悪口ではないんですが、間違ったやり方でお尻を鍛える人が可哀想なのでグチが止まりません笑

やったことがある人ならわかると思いますが、ヒップスラストは、お尻に刺激を与えるために骨盤を後ろに

「これでもかー!」

というぐらい傾けます。

その骨盤のポジションは、お尻が垂れて見えるポジションです。

ヒップラインをキレイにしたり、ヒップアップを目指していてトレーニングしているに骨格から垂れ尻を強化してしまったらもったいない!

トレーニングやってる感は出るかもしれませんね。

ですが、時間の無駄とまでは言いませんが、

最も効果の出るやり方があるのに…

正直思ってしまいます。

ヒップスラストよりも断然効果の高いやり方を知りたい方は、LINEkから無料動画を受け取ってくださいね!

※②の小尻の方をお選びください!

line - 筋トレしてるから動ける体になるわけではないですよ
 
 

関連記事

  1. ヴァレッサは体力のない方でも安心して受けることができます

    体力に自信がない方でも安心して受けることができます

  2. ヒップアップ

    座る時間が長い女性が毎日してほしいエクササイズ

  3. デスクワーカーで腰が重い

    デスクワーカーの方は毎日でもやりたいストレッチ

  4. 当パーソナジムに通われるお客様(ママ)の願い「私に体力があったら…」

    ヴァレッサに通われるお客様の願い

  5. 下半身のサイズの測定場所

    あなたがキレイに魅せるボディメイク

  6. 二重顎にお悩みの女性

    痩せても二重あごが消えない悩みを解消!

  7. 海辺で立つ女性

    30代からの女性のボディメイクなら宇都宮のヴァレッサ

  8. 鏡で二の腕のたるみをチェックする女性

    頑張って痩せても”たるみ”は消えないのか?

  9. くびれの理想の位置

    デニムをカッコよく履く秘訣4

  10. 腰痛

    まさかパーソナルジムで腰痛が治るとは思いませんよね?

  11. 海辺でリラックスする女性

    しなやかボディになりたい方にオススメ!難易度高めだけど効果抜…

  12. ジムで膝を気にする女性

    スクワットで膝が痛くなった理由とその改善方法

  13. 女性が初心者マークを持ってOKサイン

    女性向けのパーソナルトレーニングジムです

  14. 筋肉痛でお困り

    筋肉痛が嫌いな人に知っておいてもらいたいこと

  15. テント

    ストレッチだけでもダメ、トレーニングだけでもダメな理由

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー