遺伝子検査ダイエットってどうなの?

遺伝子検査ダイエット

私が遺伝子検査ダイエットに対してどう思っているかをお伝えします。

結論から言うと、

あくまで遺伝子タイプの傾向を知る程度にしておいた方が良いと思っています。

遺伝子検査ダイエットとは、遺伝子検査の結果に基づいて個々の遺伝子の特徴や代謝に応じた最適なダイエット方法を提案するアプローチです。

この方法では、個人の遺伝子情報を分析し、食事や運動のスケジュール、栄養素の摂取量などをカスタマイズして、より効果的なダイエットができると言われています。

なんかすごい良さそうですよね。

ですが、当ジムでは遺伝子検査を導入していません。

その理由は、遺伝子検査はあくまで傾向を知るだけのものと考えているからです。

遺伝子ということは生まれつきのタイプということ。

当ジムは、ダイエットやボディメイクの傾向として、遺伝的要因が1割、生活習慣と環境要因が9割と思っています。

つまり、生まれつきの要因よりも生まれてからの習慣や環境の影響のほうが大きいので、習慣や環境を変えるほうのアプローチに力を入れています。

ちなみにですが、よくある遺伝子検査ダイエットでは、糖質代謝型、脂質代謝型どちらのタイプかがわかるらしいです。

例えば、脂質代謝型の方が脂質が太るから甘いものなどの糖質をたくさん食べたとします。

糖質の代謝はしやすいので太らないはずですよね。

ですが、試してみるとわかりますが、間違いなく太ります。

矛盾が生じるのです。

その理由は冒頭でお伝えした、遺伝子1割、習慣や環境9割だから。

では、当ジムでは遺伝子を調べるのではなく、何を調べてダイエットを進めているのか?

血液の状態です。

血液は情報の宝庫。

血液の状態を調べるだけで、なぜ痩せないのか?

なぜ、健康状態がすぐれないのか?など

様々なことがわかってしまいます。

血液検査は生活習慣の影響がもろに出ます。

つまり、遺伝子1割以外の残りの9割がわかってしまうのです。

といった点も当ジムでは遺伝子検査ではなく、血液検査を実施している理由の1つです。

今回の記事が遺伝子検査を調べるダイエットに興味がある方の参考になったら嬉しいです。

関連記事

  1. 糖質制限のせいだと思っています。

    ダイエット被害者になる悪の根源は『糖質制限』

  2. ウイルスの集まり

    保護中: 誰も教えてくれないインフルエンザの裏話

  3. パンケーキ

    血糖値についてあなたに知って欲しいこと

  4. 当ジムは体重を減らすことがダイエットだと思っていません!

    体重減少=ダイエットの思考だと失敗します

  5. 胃

    「胃が小さくなる」の真相

  6. 様々な健康問題

    当パーソナルジムは糖尿病のご相談もいただきます

  7. お腹がぽっこり出てきて焦る女性

    お菓子もお酒もとらないのになぜか痩せない原因はこれかも?

  8. コーヒーにバターを入れる

    当パーソナルジムがケトン体ダイエットをオススメしない理由

  9. 現状も知らずにカラダは変わらない

    ダイエット始めた方にまず取り組んで欲しいこと3選

  10. お客様の体組成の記録

    3.75㎏←22日間で減った体脂肪の量

  11. fastingの文字が書いてある皿

    食べないと脳がスッキリする本当の理由

  12. 痩せる習慣に今から変えよう!

    脂肪が燃えにくくなる良くない食習慣3選

  13. ダイエット解説(白米で太った人へ)

    ご飯を食べたら太った?もしかして誤解してませんか?

  14. 潜在意識と顕在意識

    あなたのダイエットを続けやすくする〇〇

  15. タンパク質あなたはいつ食べている?

    3食のうちどの食事でタンパク質を多めに食べた方がいいのか?

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー