3食のうちどの食事でタンパク質を多めに食べた方がいいのか?

タンパク質あなたはいつ食べている?

 

タンパク質を増やすことはダイエットをされる方にとっても良いことだと思います。

一般的には、体重と同じグラム数のタンパク質量が良いとされています。

例えば、体重60kgの人だったら、1日で60gのタンパク質量ということです。

単純計算で朝食20g、昼食20g、夕食20gになりますよね。

ですが、実践するとなると意外と難しいなと感じる人ももしかしたらいるかもしれません。

別に3食同じタンパク質量にこだわる必要はないので、工夫して量を変えることをおすすめします。

では、どんな点に気をつけて量を変えていけばいいでしょう?

1つのキーワードになるのが

『カラダのモード』

です。

私たちの体は

興奮モードでいる状態

リラックスモードでいる状態

があります。

興奮モードは、血液が内臓に少なく、筋肉に多く集まっている状態。

リラックスモードは、血液が内臓に多く、筋肉に少なくなっている状態。

ということは、食べたタンパク質を消化吸収するにはどっちのモードでいることが望ましいでしょうか?

リラックスモードですよね。

つまり、食後にリラックスモードでいる時間が長く取れそうだなという食事の時にタンパク質を多めに食べることができるといいかもしれません。

例えば、朝食はいつもいつもバタバタでお仕事や家事に追われている。

だけど、夕食後はお風呂入るまでゆっくりできるかも!

みたいな方なら朝食は無理してたくさんタンパク質を食べずに、その代わりに夕食に量を増やせるといいかもしれませんよね。

さて、あなたは3食の中で一番食後にリラックスできる時はいつでしょう?

逆に食後、バタバタ忙しいのはいつでしょう?

把握しておけると、ダイエット効果が高くなったり、便秘や下痢などの胃腸の問題ががあればそういったことも良くなっていくことが期待できますよ!

関連記事

  1. ビール

    お酒を飲みながら痩せたいあなたへ

  2. 人形の取り合い

    運動始めたら健康になったり痩せたりしません

  3. プロテイン

    プロテインは脂肪を減らす目的で使える!?

  4. 甘いものが好きな女性

    ヴァレッサに通う前に痩せなかったお客様の原因はこれでした。

  5. 頭痛で何も食べたくない、食べられないのはなぜ?

    【お客様あるある】頭痛で何も食べたくないのはなぜ?

  6. 子供の口の中

    息子たちのタンパク質不足をここでチェックしています

  7. パーソナルトレーナーとお客様

    腰痛改善&体脂肪−5%達成されたお客様

  8. お腹の脂肪でズボンのチャックhが閉まらない女性

    あなたがパーソナルジムに通っても痩せなかった理由

  9. 草原でストレッチする女性

    ストレッチで効果が出る人出ない人

  10. そもそもなぜ、甘いものは脂肪になるのか?

    「なぜそうなるのか?」まで知りたい方へ

  11. プロテイン

    筋トレ後30分以内にプロテイン?

  12. お腹のたるみが気になる女性

    リバウンドする原因を知ればダイエットはうまくいく

  13. 血液検査の結果で血糖にマーカーを引く

    保護中: 【新常識】糖尿病の本当の原因はこれでした

  14. 4つのお皿に単糖

    ダイエットで賢く痩せる人は知っているクイズ

  15. お客様の体組成の記録

    3.75㎏←22日間で減った体脂肪の量

プロフィール

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー