くびれの作り方と最もキレイに見える位置

くびれの理想の位置

生まれつきの骨格で
くびれができやすいタイプ、
できにくいがタイプがいます。

関係しているのは骨格です。

肩幅や胸郭(肋骨回り)、骨盤が大きい人は
くびれが協調するタイプといえます。

逆に、肩幅や胸郭、
骨盤が小さい人は
くびれが見えにくいといえます。

生まれつきの骨格ですが、
普段の姿勢の影響もあったりするので、
姿勢を修正する必要があります。

また、お尻や上半身を鍛えて
ボリュームをつけたりすると
くびれができてくる場合もあります。

では、くびれができれば
スタイル良く見えるかというと
実はそうではありません。

くびれができても
その位置が低いと
あまりキレイに見えないことがあります。

理想は、腕を下げたときのひじの位置。

この位置にくびれがくるのが
最もキレイに見えるといわれています。

なぜ、くびれが低くなりやすいのか?

実はその原因も骨格にあります。

特に反り腰やスウェイバックの方は
肋骨が前方向に常に
パカっと開きやすい特徴があります。

反り腰やスウェイバック姿勢に関しては
こちらの記事で紹介しています。

下半身太りになる2つの姿勢タイプ。あなたはどっちタイプですか?

どちらの姿勢タイプでも
肋骨が前に出てしまうので
その影響でくびれの位置が
下がってしまうのです…

なので、
トレーニングでお腹周りを
ガンガン鍛えるだよりも、
まずは姿勢をよくすることが
キレイなくびれづくりには
大切になります。

まずは本来の肋骨の動きを作るには
呼吸のよって肋骨を意識して
動かして修正するのがオススメです!

こちらの記事でお伝えしています。
よかったら参考にしてみて下さい!

くびれて見えないのは○○と○○が原因だった!?

関連記事

  1. 女性のくびれ

    くびれて見えないのは○○と○○が原因だった!?

  2. 女性のお引き締まった女性

    女性必見!下腹だけポッコリ出てしまう理由と解決策がコレ!

  3. ジムで腹筋トレーニングする女性

    産後の下腹ポッコリがスッキリ!

  4. お腹の奥の筋肉鍛えられていますか?

    ヴァレッサのボディメイクは骨盤底筋を鍛えて下腹凹ませます!

  5. お腹に巻くバンド

    お腹に巻くだけで下腹ポッコリが改善できます!

  6. 鏡で体をチェック

    くびれたいならお腹奥の筋肉を鍛えましょう

プロフィール

blank

御代田 享(みよた あきら)

 詳しいプロフィール

アーカイブ

カテゴリー