くびれて見えないのは○○と○○が原因だった!?

くびれて見えないのは○○と○○が原因だった!?

痩せているのに、くびれができないのには理由があります。

タイトルにもあるようにそれが呼吸かもしれません。

呼吸の仕方にエラーが起きているとくびれは消えてしまいます。

呼吸とくびれ、一見関係なさそうに思えますが、
実はとても大切な部分なんです。

少し複雑な部分もありますが、
できるだけわかりやすさを重視してお伝えしますね。

まず知っておきたいのは、肋骨の動きです。

息を吸うと肺が膨らみますよね。

肺が膨らむと肺を囲っている肋骨(あばら骨)も動きます。

実はこの肋骨の動き方にエラーが出るとくびれが消えてしまうのです。

理想の肋骨の動きが以下のような動きです。

上側の肋骨 : 息を吸うと前方向に動く

真ん中の肋骨: 息を吸うと前方向にも横方向にも動く

下側の肋骨 : 息を吸うと横方向に動く

例えば、最も多いケースですが
姿勢が悪くて猫背のまま呼吸をすると
上側の肋骨が前方向に動くはずが、動かなくなってしまいます。

すると、動かない分をカバーするために
下側の肋骨が横だけではなく、前方向にも動いてしまいます。

少しややこしいですが、
このような呼吸を1日何毎回と続くと
下側の肋骨が前に動くのが普通になり、
肋骨がボコっとしてしまいます。

結果、くびれがないように見えてしまうのです。

なので、猫背などの姿勢を修正できると、
呼吸のエラーが解消して、くびれることが期待できます。

また、肋骨を意識しながら呼吸する練習もオススメです。

練習方法は、片方の手を胸の上(上側の肋骨)に、
もう片方の手を下側の肋骨の横に置いて息を吸ったら同時に動くように繰り返します。

息を吸ったら同時においてある手のひらを押し返してくるような動きがあればOKです!

この時に肋骨の下側が前に動いてないかをたまにチェックしましょう。

仰向けでも立位でも座位でもどのようなポジションでもできるようになるのが理想です!

クビレのボコっとしている部分が気になる方は、
ぜひ試してみて下さいね!

関連記事

  1. デスクワーカーの方は毎日でもやりたいストレッチ

    デスクワーカーの方は毎日でもやりたいストレッチ

  2. 女性らしいしなやかなカラダ&美姿勢は○○の柔軟性で9割決まる

    女性らしいしなやかなカラダ&美姿勢は○○の柔軟性で9割決まる…

  3. 反り腰を改善してスタイルアップしたお客様の結果

    反り腰を改善してスタイルアップしたお客様の結果

  4. デスクワーカーの女性全員にオススメするエクササイズ

    デスクワーカーの女性全員にオススメするエクササイズ

  5. なぜ頑張って痩せても"たるみ”は消えないのか?

    脚痩せしたいのにこんなスクワットは絶体NG !

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。